コラム|日本初のCBDシャンプー【GIOL】

日本初のCBDシャンプー

コラムCOLUMN

2020.08.04
CBDの効果

CBDオイルの摂取量と方法は?失敗しない使い方を解説します

CBDを生活に取り入れようと思ったものの、どのくらいの量をどの頻度で使えばいいのかわからない…なんて方もいますよね。

さらに、摂取方法やCBDオイル以外はどうするの?と疑問を抱いている方も…

そんな方のために、CBDオイルの使い方マニュアルを用意しました!

あなたもこれでCBDを愛用できるようになりますよ。

 

そもそもCBDってなに?

海外では、CBDがかなり浸透しており、日常生活に取り入れる方がほとんどとなってきました。

日本でも、徐々に流行るようになってきている注目の成分です!

 

世界中が注目しているCBD

CBDは、大麻草に含まれる有効成分の1つです。

大麻草といっても日本の法律では特に規定されていないので違法ではありません

病気の改善から健康の維持、さらに美容目的で使用することができ、海外のセレブや有名人も愛用するほど!

最近では、効能がさまざまな方に認められ、一般的なCBDオイルからリキッド、クリーム、入浴剤、グミなど幅広く製品化されているほど大人気です

 

CBDに期待できる効果

CBDは多くの悩みを解決し人間本来の美しさに戻すといわれています。

不安やストレスを軽減し、自律神経を整え、落ち着くことができます。

さらに、痛みの緩和から炎症の抑制、筋肉の緊張を和らげるためスポーツ選手からも絶賛されている成分です

他にも、

・不眠症・睡眠の質の改善
・免疫を向上させ身体を強くする
・抗がん作用
・アトピー・てんかんの改善

など、実験で証明されている効果がほとんどです。

関連記事 世界が注目するCBDとは?人気の理由や成分、効果を徹底的に調査!

 

CBD製品を選ぶポイント

CBD製品を選ぶ際は、以下のことに注目してみてくださいね。

・使いやすさ、日常に取り入れやすいかどうか
・CBD以外の配合物
・CBD含有量
・CBDの濃度
・CBDの成分
・メーカー

中でも、重要なのが使いやすさです。

使用方法が難しい場合、うまく摂取することができません…

決して安くはない製品ですので、日常的に使える商品を選びたいですよね

 

CBDの使い方・特徴

CBD製品は、たくさんのメーカーからさまざまな種類がでていますよね。

特徴と使い方を記載していますので、自分に合いそうな製品を試してみましょう

 

オイルタイプ

直接飲んでも良し、飲み物、食べ物に混ぜるのも良しです。

肌に塗ることもでき、化粧品と混ぜて使用することも可能です

独特な苦味が苦手な方は、後者を試してみてくださいね。

舌下摂取
・スポイトから舌下(舌の裏側)に数滴垂らし、1分半ほど置きます。
・その後、飲み込みます舌下摂取は、スポイトが難しい場合、スプーンで行っても構いません!
舌下に垂らすことで、毛細血管から吸収できるため、より効果を実感できます。

 

カプセルやグミ、タブレット

手軽におやつとして摂取できるのが特徴です。

CBDオイルの味が苦手で、摂取量の管理をしっかりコントロールしたい方にオススメ

グミやタブレットは、味が美味しく次々と食べてしまう可能性があるため、過剰摂取に注意。

 

クリーム、ジェル、ローション

肩こりや、腰痛、腹痛など痛みのある部分に塗るのが効果的です

慢性的な痛みから炎症の改善に期待でき、女性ならむくみ防止や長時間のヒールで疲れた足にも最適です。

ロールオンのタイプなら、持ち運びが簡単でサッと塗ることができますよ

 

パッチ

体に直接貼り、長時間の効果に期待することができます

慢性的な痛みを持っている方、何度も摂取するのが面倒という方にオススメです。

 

美容製品

CBD配合のリップクリームなら、唇の保湿ができ、美容液やクリームなら肌の調子を整えます

同時にリラックス効果を味わうことができ、美しく魅力的な女性を目指せます。

海外のハリウッドセレブも美容目的で愛用しており、日常生活には欠かせないと宣言しているほど!

 

バス用品

最近では、入浴剤やシャンプー、トリートメントなども人気急上昇中です。

手軽に取り入れることができるため、CBD初心者にオススメで、髪にダメージを与えず頭皮をケアし、健やかな髪へと導く効果に期待できます

毎日のバスタイムが極上の癒やしタイムに変わりますよ!

関連記事 ツヤのある美髪を目指すならCBDがおすすめ!美容効果とは?

 

CBDを摂取するタイミング

基本的にいつでも大丈夫なのが、CBDです

しかし、眠気が増す場合がありますので、日中はよく考えてから使用してくださいね。

経口摂取の場合は、空腹時に摂取することをオススメします

よく吸収され、効果をより実感することができますよ。

 

CBDオイルの摂取量

CBD製品では、メーカーの用量、用法を守ってくださいね。

オイルなど自分で摂取量を考えなければいけない場合は、CBDオイルの含有量も把握して、大体の目安を決めておくのがオススメです。

個人差により摂取量は異なりますが、CBDの1日の目安摂取量は、25mgとなります

初心者や新しい製品の場合は、少量から初めて自分に適正な量を調節していきましょう。

 

まとめ

CBDの使い方マニュアルはいかがでしたか?

基本的には、手軽に使用できる製品ばかりで、どのように愛用したいのか好みで選んで下さい

どのような製品でも、用法・用量を守って、適切に使用しましょう。

あなたの目的とすり合わせながら選び、素敵なCBDライフを送ってくださいね!

0